ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > 日本遺産ラッピングバスの運行を開始しました

[高速バス] 日本遺産ラッピングバスの運行を開始しました

2015年10月6日

平成27年5月、水戸市の教育遺産群(偕楽園、弘道館、彰考館跡、日新塾跡、大日本史)が日本遺産に認定されました。

これを受け、水戸市から高速バスに教育遺産群に関わる広告物をラッピングし、市内外にPRを図ることを目的に、弊社ではラッピング高速バスの運行を平成27年10月2日開始しましたのでお知らせいたします。

弊社としましても、より多くのお客様に水戸市の教育遺産群(偕楽園、弘道館、彰考館跡、日新塾跡、大日本史)を広告宣伝し、ご理解が更に進むように、関係機関と協力してまいりたいと思います。

 

運行担当営業所と主な運行路線
運行担当 勝田営業所

①上野東京駅ルート
(勝田、海浜公園~ひたちなかIC~水戸大洗IC~東水戸道~常磐道~上野駅、東京駅)

②成田空港ルート
(東海、勝田~水戸~水戸大洗IC~鉾田~潮来バスT~成田空港)

③羽田空港ルート
(東海、勝田~水戸~水戸大洗IC~東水戸道~常磐道~首都高速~羽田空港)

④北関東ライナールート
(勝田~水戸~大工町、茨大前、赤塚駅~常磐道~北関東道~宇都宮駅)

日本遺産(右側)

日本遺産(左側)

日本遺産(左斜) 日本遺産(右斜)