安全に関する情報

ホーム > 会社案内 > 安全に関する情報 > 新型コロナウイルス感染症対策

新型コロナウイルス感染症対策について

平素より茨城交通バスをご利用いただき誠にありがとうございます。

弊社では、新型コロナウイルス感染拡大防止、またお客様に安心してご利用いただくため、「バスにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」を踏まえ、以下の取組を実施、推進しております。

従業員対策

全員マスクを着用しております。

出勤時に体温測定を実施し、健康状態の確認を徹底しております。

お客様窓口・点呼執行所へ防護スクリーンを設置することで、飛沫感染の予防を実施しております。

営業所入口及び営業所内数ヵ所にアルコール消毒液を設置し手指の消毒を徹底しております。

手洗い・うがいを徹底しております。

バス車内

運転席に防護スクリーンを設置しております。

感染拡大防止のため、路線バスの右最前列(運転席側)の席の利用を中止しております。

高速バスの最前列の席を感染拡大防止のため利用制限させていただいております。

車内消毒

お客様が触れる部分を中心に車内の消毒を実施しております。

車内換気

休憩や待機時間には可能な限りドア・窓を開け換気を実施しております。

路線バスの車内換気のために一部窓を開けて運行しております。

(雨天時及び冷房中の窓を閉めている場合でも車両前方の換気扇により車外の空気を導入し車両後方の換気扇から排出することで換気を実施しております)

高速バス、貸切バスの場合、「外気導入固定運転」により、約5分で室内の空気を入れ替えることができます。
エアコン吸排気機能による換気。5分で換気完了

お客様へのお願い

お客様におかれましても、咳エチケット、手洗い、マスク着用等の感染症対策への取り組みにご協力をお願いいたします。

また、感染拡大防止のため、ご乗車時に、周りに空席・空間がある場合は、他のお客様となるべく離れてご乗車いただき、ソーシャルディスタンスを確保できるようご協力をお願いいたします。

政府の新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針を鑑み、バス車内での飲酒は禁止とさせていただきます。

バス車内でのお食事はなるべくお控えください。
(やむを得ない場合においても、お食事をしながらの会話はお控えください。)

貸切バスの新たな取組

抗ウィルス・抗菌コーティング

茨城交通では、貸切バスタイプ全車両65両の車内に、抗ウィルス・抗菌コーティング、『エコキメラ』を施工しました。

この『エコキメラ』は、無光触媒で、光を必要とせず24時間休まず働き続け、接触および浮遊するウイルスや菌を減少させる働きをしバス車内でお客様が触れられる箇所(シート・手すり・棚など)をはじめ、ガラス面・壁面などに噴霧することによりコーティング施工をします。

『エコキメラ』の主成分は、【特許成分】リン酸チタニアを主原料とし、無臭・無害で人体への影響はありません。抗ウィルスは、抗菌・消臭」に有効です。1回の施工により最長5年間効果が持続します。

施工済み車両には、車内外にステッカーを表示いたしますので、すぐにお分かりになれます。

より安全かつ安心して貸切バスを、是非ご利用ください。

抗ウィルス・抗菌コーティングの施工作業風景