観光バス

ホーム > 観光バス > 安全でより快適な旅のために

安全でより快適な旅のために

貸切バスのご利用について

「運賃」

運賃は「時間制運賃」と「キロ制運賃」の合算額です。

運送コストを時間コストとキロコストに区分して算定した合理的でわかりやすい制度である「時間キロ併用制運賃」に一本化されました。

 

時間制運賃

最低走行時間を3時間とし、出庫前及び帰庫後の点検等の2時間分を全ての走行時間に加算し、1時間当たりの運賃額を乗じた額となります。

※宿泊を伴う場合
宿泊地到着後及び宿泊地出発前の各1時間を点検等の時間として加算。

【時間制運賃の計算式】
走行時間+2時間(点検等の時間)×時間単価
※走行時間は、30分未満は切り捨て、30分以上は1時間に切り上げ。

キロ制運賃

走行キロ(出庫から帰庫までの距離をいいます)に1km当たりの運賃額を乗じた額となります。

【キロ制運賃の計算式】
走行キロ×キロ単価
※走行キロは10km未満は10kmに切り上げ。

2023年10月からの公示運賃

 

「料金」

料金には3つの種類があります。
①交替運転者配置料金
②深夜早朝運行料金
③特殊車両割増料金の3つです。

①交替運転者配置料金

交替運転者を配置する場合に適用されます。

②深夜早朝運行料金

深夜22時〜翌朝5時の間に点検等の時間及び走行する時間が生じた際に適用されます。

③特殊車両割増料金

標準的な装備を超える特殊な設備を有する車両で、(特殊設備車両購入価格÷座席数)>(標準的車両購入価格÷座席数)が70%以上高額の場合にのみ適用。

料金

 

「実費」

運賃・料金以外は「実費」となります。

例)ガイド料・有料道路利用料・駐車料・乗務員宿泊料等

旅行業社など運送申込者に交付する「運送引受書」に運賃・料金や実費の内容を記載します。


 

コンプライアンス(法令遵守)のお願い

コンプライアンスという言葉を聞く機会が多くなってきたこの頃です。茨城交通においては安全運行という原点に立ち返って全社員が一丸となり安心安全な運行を目指しております。

「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準(平成元年2月9日・労働省告示)」、「貸切バスの交替運転者の配置基準(平成25年8月1日・国土交通省運輸規則一部改正)」に、ご理解をお願いします。

※令和6年4月1日から改善基準が改正されております。(一部抜粋)

 

1. 運転士の拘束時間について

拘束時間とは、始業時間から終業時間をいいます。原則13時間(最大15時間まで)運転士2名乗務で最大19時間までとなります。

図

A. 運行形態が往復旅行や夜行日帰りなど、運転士2名乗務のとき連続拘束時間が19時間を超えるときは、法令上運転士に目的地で5時間以上の仮眠休憩を与えなければなりませんので、仮眠休憩用のホテルを手配ください。

B. 夜行運転・連続拘束時間が15時間を超える運行、1日の走行距離が500キロを超える運行については交替運転士を乗務させます。その際は、旅客席の運転席側1列目2席は交替運転士席になりますのでご協力ください。

C. 行き先が東京ディズニーランド等で連続拘束時間が15時間を超える場合、仮眠休憩用のホテルを手配していただき、原則目的地で10時間以上の休息時間をとった場合は特例として乗務員は1名で運行することができます。

 

2. 交替運転士の配置基準の見直しについて

厚生労働省改善基準告示で定められた次のような条件の他に、下図項目より運行時間(距離)が伸びる場合は交替運転士の配置が必要です。

(イ)拘束時間が15時間を超える場合

(ロ)運転時間が2日を平均して1日9時間を超える場合

(ハ)連続運転時間が4時間を超える場合

図

 

3. 休息時間について

運転開始後、4時間以内または、4時間経過後に30分以上の休息時間を確保することにより運転を中断しなければなりません。運転を中断し分割して休息をとる場合は少なくとも1回10分以上必要になります。


お問い合わせ

茨城交通株式会社 観光部観光課

電話 : 029-251-2362
(祝日を除く月曜~金曜 9:10~18:10)
お問い合わせは、 をご利用ください。